・本野日々・日常はそれだけですこしずつ変わってゆく
基本的に本関係の記事でやっていこうかと。 本家ホームページもよろしくお願いします。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/09/11(火)   CATEGORY:
イハラハートショップ
20070911180500

思い立ったら吉日。
朝起きて、

「本屋へ行こう」

と思い、

「山へ行きたい」

と考え、
エルマガジン
という雑誌に山の本屋とやらの
紹介があったので行ってみました。

トンネルをくぐりまくり、
緑の匂いもどかどか濃くなってゆく。 ぐねぐねした山道きました。
対向車怖い。
休憩でちょっと見に行った川には、鮎っぽい魚が泳いでるし。
たぶん鮎。近くで「鮎釣り」って甲板あった。
広い川では、釣りしてる人もいたし。
やりてぇ。。。

やっとつきまして。

山奥のそのまた山奥、ほんっまに、
緑の匂いが山脈のすきまに溜まっているような山奥に、

イハラハートショップ

が、ありました。

写真の道の先に、その素朴な店があるのですが。

初印象。
「ちっちゃ!」

なんというか、雑誌に載っていた
他のかっこいいめの本屋とはちがい、
まじで「普通の本屋」兼雑貨屋、って感じ。

店先の写真を撮り忘れたので、
あえてここでは誰かが行った時の感動を邪魔しないため、
店の写真は載せないでおきます。

んで、やっているのはおばちゃん
おばちゃんぽく、気軽に話しかけてきてくれるのが、店長の井原万見子さん。
しかし、話し始めると

。。。ただもんではない。

かいけつゾロリの作者さんを呼んできてなんかやってたり、
ジブリの原画やってる人を呼んでなんかやってたり。。。


んで、本の種類も、うちが「ええなこれ」と思った
本がけっこう置いてあり。
村の生活に必要な調味料、種、雑貨も売っていて。

山で読むにはぴったりの「山の生活」本があり。

他にも本屋の形態や慣習、苦労などなど
色々ほんとものっそい色々聞かせてもらいました。


町全体もなんだかのんびりした気負いのない、
でも上品な 雰囲気に包まれている、とてもいい村。
近くに温泉療養できる旅館(美山温泉愛徳荘)もあって

ちらっとのぞいてみまして、
素敵な庭がありました。

で。がんばって帰ってきました。
いきしなに巨峰の直売店がたくさんありました☆

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ・本野日々・日常はそれだけですこしずつ変わってゆく. all rights reserved. ページの先頭へ
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。